美容関係の職業に就くには|ネイルスクールで知識と技術を身に付けよう|好きなことが仕事に

ネイルスクールで知識と技術を身に付けよう|好きなことが仕事に

美容関係の職業に就くには

婦人

美容を学ぶ手段として

将来どういった職業に就くかということは、誰もが一度は考えることです。美容関係に興味があり、職業として美容師、理容師、メイクアップアーティスト、ネイリスト等を目指している人も多いと思います。美容といっても様々職業があり、まずは美容について学ぶ為に、美容学校へ入り職業の路線を決めるという手段もあります。例えば、美容師になる為には、美容専門学校を卒業し、国家試験を受けて合格することで美容師免許を取得することで美容師になることができます。美容学校には美容師科、理容師科が分かれています。授業の内容として、学科と実習があり、実習内容として、美容師はカッティングやワインディング、セッティングなどがあります。理容師は、頭や顔の毛を剃るといった内容です。その他、メイクアップや着付け、ネイルなどの授業もあります。また、美容専門学校の中には、昼間過程、夜間過程、通信過程を選べる美容学校もあります。

美容師になる為には

。美容師の国家試験は年に2回受験することができ、全国で統一された筆記試験と実技試験があります。どちらも合格しなければ、国家試験は取得できません。しかし、筆記試験と実技試験でどちらかの試験が不合格になり、国家試験を取得できない場合でも、次の試験では、合格した試験はパスでき、不合格の試験のみ合格できれば国家試験は合格と見なされます。その他、美容学校を卒業し、国家試験を受けることができるのは理容師になる為の国家試験です。美容師と理容師は同じような職種ですが、学ぶ内容も違い、それぞれの国家試験に合格する必要があります。